行政書士 本田幸晴事務所 交通事故

産廃業許可建設業許可特殊車両通行許可風俗営業許可外国人ビザ申請
取扱業務無料相談事務所紹介トップページ
トップページ > 取扱業務 > 交通事故 > @損害賠償の請求








◆お問合せ先
■本田事務所
〒444-0913
愛知県岡崎市葵町2-23
宝ビル102

tel:0564-26-6599
:0120-676-381
fax:0564-26-7144
info@hondaj.com

 ●交通事故@
 ◆損害賠償の請求
◆請求できる人
傷害の場合 被害者 自分の受けた経済的損害の賠償と精神的損害の賠償(慰謝料)を請求できます。
被害者が 
死亡した場合
法定相続人 配偶者は常に相続人となりますが、配偶者のほか次の順位で優先して損害賠償請求権を相続し、被害者の経済的損害の賠償と慰謝料を請求することとなります
@子(胎児を含む)などの直系卑属
A父母などの直系尊属
B兄弟姉妹またはその子
配偶者・子・父母 相続による損害賠償請求とは別に、それぞれ自分自身の慰謝料を請求できます。
◆請求する相手(賠償義務者)
加害者 故意又は過失により他人にケガ等をさせた運転者は、その損害賠償をしなくてはなりません
雇 主 従業員が業務上運転中に第三者に損害を与えたとき、原則としてその雇主は使用者として賠償責任(使用者責任)を負います
運行供用者 運行供用者とは自動車を思い通りに使える状況にあり、その運行で利益を得る人の事を言います。雇主、車の所有者、借主(場合によっては車の貸主、名義貸人など)がそれにあたり、賠償責任を負います
未成年の親 @子が親の車で事故を起こした場合、一般に親は運行供用者として賠償責任を負います。(車が子の名義でも、親が買い与えたり、ガソリンを支払っている場合も含む)
A事故を起こした子が責任の判断能力のない未成年者の場合、親は監督者責任により賠償責任を負います。
B未成年者の加害者に責任の判断能力があっても、監督義務不行届という点から、親に賠償請求できるという考え方もあります。
 

 
  @当事務所では、交通事故に関する相談を無料でお受けしています。
             (詳しくは、無料相談を御確認ください。)
         A損害額等の算定も行っております。

←交通事故トップに戻る
トップページ取扱業務産廃業許可無料相談事務所紹介
■本田事務所
〒444-0913 愛知県岡崎市葵町2-23宝ビル102
tel:0564-26-6599|:0120-676-381 | fax:0564-26-7144
info@hondaj.com

会社設立トップ定款の見直しトップ電子定款認証トップ社団法人・財団法人トップNPO設立トップ
建設業許可トップ産廃業許可トップ一般廃棄物許可トップ警備業認定トップ古物商トップ車庫証明トップ
自動車リサイクル許可トップ交通事故トップ一般貨物自動車運送事業トップ貨物軽自動車運送事業トップ
風俗営業許可トップ食品営業許可トップ酒類販売免許トップ消費者契約トップ特殊車両通行許可トップ
外国人手続(入管・ビザ)トップ著作権登録トップ探偵業届出トップ動物取扱業トップ
介護タクシートップ | 介護保険事業者指定トップ障害者福祉サービス事業者の指定トップ
遺産・相続トップ | 公正証書トップ | 内容証明郵便トップ | 農地転用トップ | 各種契約書トップ |

20121010

対応エリア : 愛知県全般、名古屋市、岡崎市、豊田市、西尾市、安城市、刈谷市、碧南市、高浜市、知多市、東海市、半田市、常滑市、豊明市、大府市、日進市、みよし市、瀬戸市、豊橋市、豊川市、宝飯郡小坂井町、田原市、蒲郡市、額田郡幸田町・・・全国対応も